Wharton MBA 記  ~Carpe diem - 今を生きる~

since1999k.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 28日

中国語終了

今日、中国語の授業が終了した。およそ半年に渡り、ほぼ毎日繰り広げられた授業がついに終わってしまった。また一つ、学生生活の一ページが幕を閉じた。20歳前後の若者たちと毎日机を並べ、中国語を学ぶという環境は何よりも自分には新しい環境であったけれど、僕はその環境を毎日ものすごく楽しんでいたのもまた事実。おかげ様で僕の中国語も随分と上達した。それは自信をもって言える。毎日僕を指導してくれたYang老师にはこの場を借りて感謝したい。

この半年間、授業を受けていた時に幾度も思ったことがある。それは日本の英語教育との根本的な違いだ。ご存じ、日本の英語教育では文法が重視される。一所懸命単語と文法を覚えてテストに備える。使えない英語を切磋琢磨して学ぶ日本の教育は、もはや奇妙としか言えない。一方、僕の受講した中国語のクラスでは文法などほとんど学ばない。もちろん新しい単語や、新しい表現は毎日覚えるわけだが、その目的はあくまでスピーキングの強化にある。毎日の授業ではひたすら話すことが課された。事実、クラスメイトの若者たちの中国語は驚くほどに上手い。悲しい事実だが、僕の中国語が最も下手なのは、きっと最後まで変わらなかった。悔しいけれど、それだけに皆上手に話す。

何はともあれ、せっかくここまで時間を費やして勉強した中国語だ。

これを“終わり”にはせず“始まり”に。
[PR]

by ny_since1999 | 2009-04-28 23:39


<< My Wharton two ...      素敵な週末 >>