2009年 05月 04日

belief

今日、Fixed Income の異常とも言える難しいProjectを終え、僕のWharton lifeは幕を閉じた。卒業できるかどうかは、もちろん単位をもらえてからのことだが、きっと大丈夫だろう。10日後、僕は卒業する。

4年前の今ごろだった思う。僕は北京に数日間滞在していた。僕は北京で最も有名だと言われるMBA予備校を通りかかった。その時、その校舎の“前”に屯するテキストを売る闇市の商売人に声をかけられた。どうやら、僕にテキストを売りたかったのだろう。

这个多少钱?(これはいくらだ?)

値切りに値切り、買ったものはGMAT guide book。ついでに、中国人が使う必殺のGMAT問題集も手に入れた(ほとんどが中国語だったためあまり役に立たなかったが)。そこが始まりだった。僕にとっては、闇市で買ったGMAT guidebookが全ての始まりだった。当時はMBAなんぞは遠い夢。ましてWhartonなんぞはその先の夢。

あれから4年。今日、The Wharton Schoolのすべてのカリキュラムが終了した。
今、自信を持って言える。僕の歩んだ4年に間違いはなかったと。


人生とは、旅だ。
右往左往しながら、日々を生きる旅だ。
時には失敗し、時には成功する。
人間は失敗から学び、成功は次の挑戦への切符となる。
何が(どれが)正しい道などは、歩み始めたときは、誰にもわからない。
数百歩、数千歩歩いて初めて、その歩んだ道を評価できる。

だからこそ、歩んでいる時には“将来の約束”など決してありやしない。
必要なもの、それは“belief”。

自分が選んだ道に信念を持ち歩み続けること。それが何よりも大事。

これからの4年。

僕はそのbelief と共に、新たな道を歩みたい。
そのbelief と共に、新たな挑戦に挑みたい。
[PR]

by ny_since1999 | 2009-05-04 23:30


<< Vanguard へ      Survive >>