2009年 05月 23日

Departure

1年後、3年後、10年後、そしてその先の遠い将来にわたり、僕はきっとこのページを幾度も振り返ることだろう。徒手空拳で渡ったアメリカ。この地で生きた掛けがいのない時間がつまったこの“今を生きる”を未来永劫幾度も読み返すことだろう。そしてそこでまたThe Wharton Schoolで生きたこの2年の意味を噛みしめることだろう。僕のMBAは“今を生きる”と共に生きた2年だった。

多くの経験をした。限界を越えたワークロードに目が回ることもあった。授業の内容を理解できず絶望の日々を経験することもあった。世界から集まった優秀な人々に圧倒され日々劣等感の中で生きた。そのスピードについてゆくために徹夜して朝まで勉強した日々は記憶に新しい。今でも思い出すだけでゾッとする。でも、もちろんそんな艱難の日々だけではなかった。楽しいことはもっとあった。これまでの人生で一度も考えたことのない新しい世界を多くの授業が僕に教えてくれた。世界から集まった若者たちから生まれるdiversity(多様性)が僕の目線をいつも上げてくれた。どんなに遊ぼうが、どんなに文句を言おうがdeadlineまでには完璧に仕上げてくるWhartonの学生の誇り高きプライドが好きだった。そんな友と朝まで互いの夢や人生を幾度も語ったことは一生忘れない。今、目をつぶるとその一つ一つが走馬灯のように蘇ってくる。僕は、その一つ一つの“今”を必死に大切に生きた。

Master of Business Administration。若者たちはなぜこのMBAに世界から集まるのだろう。もちろんそこには多くの理由が存在する。でも、きっと多くの若人がMBAに対してこんな幻想を抱いているのではないだろうか。

「きっとMBAは自分を変えてくれる」

皆そんな幻想を抱いて世界からこのアメリカの地へやってくるのではないだろうか。でもその現実の結果はどうかな。どれだけの人が本当に自分のことを変えられたのだろう。それもそのはず。たったの2年、十数単位をとっただけで人が変わるのはそもそも難しい。そう、MBAとは魔法のツールでも何でもない。MBAでは人間は変われやしないのさ。

さりながら、MBAは若者たちに特殊な時間と空間を与えてくれるのは事実だ。日常の雑多な仕事から離れ、多様性に囲まれた特殊な空間と時間の中で、若人は人生を悩み、模索し、ひたすらに考える。自分のdream、future、vision、そしてprinciple。2年という時間の中で、若人はそれらを必死に再定義する。その意味で、MBAとはその“悩みぬく時間”を与えてくれることに最大のvalueがあるのかもしれない。その再定義した自らの意思とそのプロセスはきっと人生の中で大きな意味を成すに違いない。もちろん、それは僕自身についても言えることだ。僕はこの2年、学術的に多くのことを学んだけれど、それ以上に自分のことを学ぶことができた。その“自分を学ぶ”ことの中でブログの執筆が大きな役割を果たしてくれたことは言うまでもない。

The Wharton Schoolから合格をもらった瞬間を昨日のことのように覚えている。あの日から書き始めた“今を生きる”というブログの投稿は既に300回を超えた。ブログを書き始めた時は、まさか自分がこんなにも真剣にブログと向かい合うとは思ってもいなかった。まして、自分の思いや気持をpublicに発信するわけだ。それは、日記帳に個人的な日記を書くのとはわけが違う。始めた時は、「今後どうなることやら」と思ったのも事実。でも、嬉しいことに想像を遥かに超えた多くの方がこのブログに訪れてくれた。Wharton内でも冷やかしを交えながらもこのブログのことが時折話題になった。僕は、皆がこの“今を生きる”を読んでくれているという事実が嬉しかった。

このブログには様々な視点を持ち込んだ。経済、教育、政治、そして愛。でもその話題の多くは“日本”に関してのことだった。日本はこのままでいいのか?日本は今後どうなってしまうのか?など日本への僕なりの愚考を述べてきたつもり。愚見ながら、僕は今の日本という国の未来をあまり楽観的にはとらえていない。このままではやがて2流、ひいては3流の国に退化してしまうだろうという危機感が僕の裡にはある。日本は変わらなければならない。経済、教育、政治、その全てにおいて。僕はそのことに対し使命感を持っている。だからこそ何かを訴えたかった。でも、いわんや、僕の力なんぞはゼロに等しい。それでも何かしたかった。だから自分なりの意見をとにもかくにもブログにぶつけることにした。それが“今を生きる”のもう一つの姿でもある。

僕は日本という自分の生まれた国が大好だ。偏屈な愛国主義者ではないが、少なくとも日本の可能性は人一倍買っている。この思いはアメリカに来て更に強くなったのもまた事実。アメリカから見える日本。それは、日本から見える日本とは一味も二味も違って見えた。日本に存在するあらゆるサービスの質の高さを始めとし、アメリカに来て以来、日本の強さを多くの場面で学ぶことができた。無論、日本の弱さも日本にいる頃とはまた違った形で見ることができたのも事実。アメリカでの2年。僕がそこで最も学んだものとはもしかすると“日本”なのかもしれない。

“今を生きる”と共に生きた、僕のMaster of Business Administrationはついに終わった。準備に2年。Wharton で2年。MBAを夢見て10年。長いようで短く。短いようで長く。10年越しの夢はついに達成された。

アメリカでの生活はこれで終わりだ。
この地でやれることは全てやった。
もう思い残すことはない。
僕はもうすぐ帰国する。
そしてまた新しい挑戦が始まる。

最後に、
2年間僕と共に走ってくれたClass of 2009の同志たち。
日本でいつもエールを送ってくれた多くの仲間たち。
“今を生きる”を2年間読んでくれた読者の皆さん。
そしていつも僕を支えてくれた家族。

その全ての人々に感謝したい。
2年間本当にありがとうございました。

Wharton MBA 記 ~Carpe diem - 今を生きる~ は今日で終了する。
今を生きたtwo year journeyは今ここに終決する。
長い間本当にありがとうございました。
皆様と日本でお会いできることを楽しみにしています。

新たな夢に向かい
今こそ出発点
a0100263_22463271.jpg
[PR]

by ny_since1999 | 2009-05-23 09:49


     卒業 >>